コクラン

ひと月前に甥と義母が立て続けに亡くなり、1ヶ月以上も
ご無沙汰してしまいました。
また、きょうからボチボチとやっていきますので、
よろしくお願いします。

さて、きょうは・・4年越しで出逢うことができた
「コクラン」の花をお届けします。
「黒蘭」と書き、花が黒っぽいことに由来。
薄暗い林縁にあり、花の時期は目につきにくい (^^;)
実ができている時期は比較的、目に入りやすいかも・・。
過去記事はこちら→コクラン花後

草丈は15~30センチ程。

広楕円形で先が尖った長さ5~12センチ程の葉が2~3枚
根元に付きます。
クモキリソウに似た花で、まばらに5~10個付きます。

が、この個体は花が15個も付いていました↓。

花は1センチ程で紫褐色で少し艶があります。
側花弁は細くて反り返り、唇弁は丸っぽくて中央が前に
突き出ています。
遠くから見ると黒っぽい蝶ネクタイに見えます(^^;)。

花期は6~7月。

本州(茨城県以南)、四国、九州に分布します。
ラン科の植物です。

★表題をクリックするとコメント欄が現れますので、
そこからコメントして下さいm(_ _)m。

☆本日、mushifab更新しました。
「オバボタル」です。
こちらへもお立ち寄りいただけるとうれしいです(^^)。

2 Replies to “コクラン”

  1. 大変な時期を過ごされて再びの画面から反対に力をいただいています
    コクらんの内容が充分で私自身が出合えた喜びを体感できてます
    きっと植物をこよなく愛した優しいお嫁さん 叔母さんとして思われ続けたfabさんでしょう
    ご自愛してくださいね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です