サラシナショウマ

きょうから9月、ですが・・あいにくのお天気模様。
さて、今回は山で出逢った「サラシナショウマ」を
お届けします。

「晒菜升麻」と書きます。
あの、蕎麦で有名な更科ではなくて(^^;)「晒し菜」。
若葉を茹でてアク抜きのために水にさらし(晒し)てから
食べることから名付けられました。
根は升麻(しょうま)と呼ばれ、生薬として用いられます。
山地の木陰や草原に生えます。

別名はイッポンショウマともいいます。

まだ、咲き初めの花がありました。↓

サラシナショウマの高さは40~150センチ程です。
花が咲くと花びらやガク片はすぐに落ちてしまいます。

多数の雄しべがブラシのように見えます。

雌しべの花柱の先は曲がっています。

葉は3回3出複葉、小葉は更に裂けます。

北海道、本州、四国、九州に分布します。

花期は8~11月です。

キンポウゲ科の植物です。

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です