ネズミモチの花

今朝は大阪で地震がありましたね。
ここ名古屋も少し揺れましたが・・。
被害に遭われた方には心よりお見舞い申し上げます。

さて、きょうは・・
「ネズミモチの花」をお届けします。
「鼠黐」と書きます。
実が「鼠の糞」に、葉が「黐の木」に似ている
ことから名付けられました。

革質で厚い葉の表は光沢があり、向かい合って付いて
います。
葉の形は真ん中が広く両端は尖っています。

枝先に円錐花序(枝分かれして全体が円錐状に見える)
を出し、白い小さな花を多数付けます。

花の筒部は長めで5ミリ程あります。
先は4裂しています。
雌しべと2個ある雄しべは突き出ています。

花期は6月。
関東以西の本州、四国、九州、沖縄に分布します。
モクセイ科の植物です。

過去記事はこちら→<ネズミモチの実

★表題をクリックするとコメント欄が現れますので、
そこからコメントして下さいm(_ _)m。

☆本日、mushifab更新しました。
「カワセミ」です。
こちらへもお立ち寄りいただけるとうれしいです(*^^*)。

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です