イロハモミジの花

きょうから10連休の方もいらっしゃることと思います。
朝から10連休関連のニュースが流れています。
風が強いので、猿投山の姿が窓からくっきりと見えます。
数日前から昔、友人から頂いたキンギアヌム
十数年ぶりに花を咲かせてくれています。
先日のこと、車で出かけようとしたら、ケヤキの花が大量に
駐車場に落ちていて・・・
特にフロントガラスに花が粘液と共にへばりついていて、
前が見えないほど・・(>_<)。
早速、洗車しましたが、今年は特に大量に落ち、洗ってる
最中にも上から細かい花がすぐに落ちてくるので、
いたちごっこです・・(^_^;;)。

きょうは、ケヤキが大量の花を落とすちょうど今頃、
花を咲かせる「イロハモミジの花」をお届けします。
落葉高木です。
若木の樹皮は緑色でなめらかですが、
成木の樹皮は淡灰褐色で、縦に浅い割れ目が入ります。

新芽を覆っている紅い鱗片葉がきれいです。
若芽はまばらに軟毛がありますが、後に無毛になります。

葉は4~7センチ程で縁にギザギザがあります。
葉は5~7裂しています。新芽時に葉先が紅に染まります。
新葉の展開と同時に開花するイロハモミジ。
5ミリ程の小さな赤色の花がたくさん付いています。
枝が赤で、花の付いている枝(花柄)や葉先が赤、
5個のガクも花びらもまでも赤いです。

雌雄同株で、通常一つの花序に両性花と雄花が混生します。
花びら、ガク片共に5個あります。
外側の暗紫~赤紫色をしたものはガクです。
花びらはクリーム色で目だちません。
雄花は8個の雄しべだけがのびています。
葯は紫色です。
両性花は短い雄しべを持ち、雌しべは1個で、
花柱は先が2裂し、外に曲がっています。

本州(福島県以西太平洋側)、四国、九州に分布します。
ムクロジ科の植物です。

過去記事はこちら→イロハモミジ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です