オオヤマサギソウ

今朝は秋風を感じ涼しかったです。
マンションのケヤキや緑の実を付けたカクレミノ
の木からアブラゼミやクマゼミの声がしますが、
数が減ったのか全盛期より少し勢いが落ちた気がします。
南側の庭ではアカトンボの姿も見えます。
さて、きょうは・・
夏の林内で出逢った「オオヤマサギソウ」を
お届けします。
「大山鷺草」と書きます。
草丈は40~60センチ程、
茎の上部に淡緑白色の花を多数付けます。

花茎には稜が少し見えます。
革質の葉は根元付近の2枚が大きいです。

花の中央部、小さくやや褐色に2個見えるのは葯です。
長い距も特徴的です。

正面から見た全体の花の感じは、人が両腕を左右に
広げて、やや肘を曲げたような感じです。
子房のねじれがよくわかります。

花期は7~8月です。
北海道、本州、四国、九州 に分布します。
ラン科の植物です。

★表題をクリックするとコメント欄が現れますので、
そこからコメントして下さいm(_ _)m。

☆本日、mushifab更新しました。
「オオヨツスジハナカミキリ」です。
こちらへもお立ち寄りいただけるとうれしいです(^^)。

ウメガサソウの実

きょうは台風の影響で強く風が吹いたりして、窓を
閉めたままですが、しきりにセミの声がしています。

7月下旬の林の中で出逢った「ウメガサソウの実」を
お届けします。
「梅笠草」と書きます。
花の形が梅に似て、下向きに付くことから
名付けられたとのこと・・。
残念ながら、花は終わっていて、これは若い実の
ようです。↓

あ、実がボケててすみません。(・.)/ コケッ(^^;)
高さ5~10センチ程の常緑の小低木です。
葉は輪生し、長さ2~3.5センチ程で先端から基部まで
浅く尖ったギザギザがあります。
白い葉脈が目立ちますネ。

これが実の写真です。↓

雌しべは全体が緑色で、太く短く、どっしりしています。
太い部分は子房で、柱頭はお皿のようです。
5枚のガク片は長さ6~7ミリ程で、先はやや尖り、
縁は不規則に細かく裂けています。 
開花期は6~7月です。
APG分類ではツツジ科の植物です。

★表題をクリックするとコメント欄が現れますので、
そこからコメントして下さいm(_ _)m。

☆本日、mushifab更新しました。
「トノサマガエル」です。
こちらへもお立ち寄りいただけるとうれしいです(^^)。

ナンキンハゼの花

スーパーに出かけたら、お盆のせいか、駐車場から
混雑していました(;´д`)ゞ
台風の影響か?風が結構強く吹き、ベランダの植物を
早めに移動させました。
きょうは時期が半月ほど遅れてしまったのですが、
「ナンキンハゼの花」をお届けしたいと思います。
「南京櫨」と書きます。
かつて、ハゼノキの代わりに蝋を採るために栽培された
中国原産の木ということで名付けられました。
5~15メートル程の落葉高木です。
真ん中の木です。↓

よく見ると、花が咲いていました。
枝先に長さ6~18センチ程の総状花序を出し、
黄色の小さな花をたくさん付けます。↓

花序の上部に多数の雄花、基部に0~数個の雌花が付きます。
上の写真では少しわかりにくいのですが、雌花は3ミリ程の
柄があり、もう青い実を3~4個結んでいます。

雄花↑は長さ2~3ミリの柄があり、ガクは皿状で3浅裂し、
2~3個の雄しべがあります。(ボヤケた写真ですみません(^_^;)ゞ)

雄花も雌花も花びらはなく、雄花と雌花のどちらかが先に咲き、
もう片方が後から咲きます(雌雄異熟)。
雄花と雌花の開花の順序が木によって異なり、雄性先熟の木と
雌性先熟の木があるということです。

花期は6~7月です。
トウダイグサ科の植物です。

併せて読みたい過去記事はこちら→ナンキンハゼの実

★表題をクリックするとコメント欄が現れますので、
そこからコメントして下さいm(_ _)m。

☆本日、mushifab更新しました。
「ヨツモンマエジロアオシャク」です。
こちらへもお立ち寄りいただけるとうれしいです(^^)。