クスノキの巨木(村上社)

良い香りに酔いそうな一重のクチナシ八重のクチナシ
あちこちで咲いています。
玄関のハランに3~4本新葉ができ、巻いた葉がくるりと
ほどけてきました。
今朝、今年第一号の自家製キュウリの特大\(*^0^*)/を
食べました!

さて、きょうは・・きのう急に思いたって出かけた先の
「クスノキの巨木(村上社)」をお届けします。
じつはちょっと前から気になっていた木でした(^^;)
推定樹齢は1000年、名古屋を代表する銘木の一本で
名古屋市の天然記念物です。
住宅地の中、しかも何を隠そう私の母校のすぐそば・・(#^.^#)
こんな所にこんなすンごいものがあったとは・・。
何十年も知りませんでした~(x_x) ☆\( ̄ ̄*)バシッ^^

ご神木の樹高は20メートル↓

・・・

・・・

根回り13.2メートル、地上1.5メートルの幹回りは
10.8メートルの堂々たる風格。
いかんせん、写真では迫力がお伝えしきれません。
無念★(T_T)。。

このクスノキはかつては古鳴海と桜の地を結ぶ、
船人の目印になっていたそうです。

巨木の隣りにある歌碑には・・↓

「櫻田へ 鶴鳴きわたる 年魚市潟(あゆちがた)

          潮干にけらし 鶴鳴きわたる」

~「万葉集」高市黒人(たけちのくろひと)~

この歌は授業中に先生以下皆で行った母校のすぐそばにある
神社の歌碑でも見たことがありました。
ここでも見るとは・・何かご縁を感じますね。

ちなみに、この社のある町名は楠町、近くには鶴里町など
あり、歴史を感じます。
この先もずーっと残してほしい町名ですね。

記念にクスノキの葉を一枚噛んだら、メントール系の
味がしました。。(^m^)ムフ。

ナツツバキ

きょうは「夏至」ですね。
梅雨空でちょっと蒸しますが、弱い風も吹いて
朝から鳥のさえずりも聞こえます。
ベランダのキュウリやレモンに肥料をやりました。

きょうはナツツバキ「夏椿」をお届けします。
夏にツバキに似た花を咲かせることから名付けられました。
別名は「沙羅の木(しゃらのき)」と呼びます。
本来は山地に生えますが、庭木や公園、寺社によく
植えられます。

樹皮は灰褐色です。
葉は互い違いに付き、楕円形で縁にギザギザがあり、
秋に紅葉し落葉します。
花期は6月~7月初旬です。
花の大きさは径5センチ程で、花びらは5枚で白く、
雄しべの花糸が黄色い。
5枚の花びらの縁には細かいギザギザあります。
こちら↓はピンク色のナツツバキの「夜明け前」です。

本州(宮城県以西)、四国、九州に分布します。
ツバキ科の植物です。

★表題をクリックするとコメント欄が現れますので、
そこからコメントして下さいm(_ _)m。

☆本日、mushifab更新しました。
「キマダラヒカゲ」です。
こちらへもお立ち寄りいただけるとうれしいです(*^^*)。

ガクウツギ

キュウリの黄色の花が次々と咲いています。
日に日に蔓もどんどん伸びて、葉も大きく
たくましくなりました(*^^)v。
梅雨の晴れ間の日曜日、皆様はいかがお過ごし
でしょうか?
きょうは「ガクウツギ」をお届けします。
「額空木」と書きます。
花は「ガクアジサイ」に似て、枝葉は「ウツギ」に
似ていることから名付けられたようです。
別名は「コンテリギ(紺照木)」。
日当たりの良い所では葉が照りのいい紺色に
なるそうです。
この写真のはそんなに日当たりが良い所では
ありませんでした(^^;)。

高さ1~2メートルの落葉低木です。
葉は向き合って付き、先は尾状に尖り、縁に浅い
ギザギザがあります。
白い装飾花はガク片で、大きさが違うものが
3~4枚あります。

小さな淡黄色のが本当の花です。

花期は5~6月。
秋には黄葉します。
関東南部以西の本州、四国、九州に分布します。
APG分類でアジサイ科の植物です。

★表題をクリックするとコメント欄が現れますので、
そこからコメントして下さいm(_ _)m。

☆本日、mushifab更新しました。
「ナメクジ」です。
こちらへもお立ち寄りいただけるとうれしいです(*^^*)。