イヌコモチナデシコ

今朝、雨が降った街の舗道にたくさんのイチョウの雄花
見つけました。
近くの雑木林沿いの舗道にはアベマキの尾状花序がどっさり
落ちており、マンションの階段や舗道には数日前から
ライスシャワーのように降ったおびただしい数の
ケヤキの花が落ちています。
どれもそれと気付かないような地味な花ばかりです。

さて、きょうは日当たりの良い道端で出逢った
「イヌコモチナデシコ」をお届けします。

ヨーロッパ原産の帰化植物です。
草丈は20~30センチで、地際の葉はこんなふうでした↓

細い葉は向かい合って付き、線形です。
葉の基部は合着しています。

直立した茎には腺毛が密生していました。

アップで・・腺毛が見えますか?

花はこんなふうでした↓

淡紅色の花は花びら5枚で、それぞれの先はV字状に
2裂します。
指入り写真で失礼します(笑)

花期は4~5月です。

ナデシコ科の植物です。

★表題をクリックするとコメント欄が現れますので、
そこからコメントして下さいm(_ _)m。

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です