アキカラマツ

昨日、稲穂が垂れ、柿の実がたわわに実った
秋の里山へ出かけました。
モズやカケスツクツクボウシ、カエルの声が
聞こえてきました。
エゴノキの実がなっていた所では、久しぶりに
3羽のヤマガラに出逢いました。
また、植物以外にベニシジミヤマトシジミ♀と♂、
ツマグロヒョウモンの♂、チャバネセセリ等の蝶や、
コノシメトンボ♀、アキアカネ等のトンボ、各種バッタ等
たくさんの生き物に出逢え、楽しかったです。

きょうは、里山の日当たりの良い林縁で出逢った
「アキカラマツ」をお届けします。

花びらのように見えるのはガク片で、
早くに落ちてしまいます。
花びらがない分、多数の長い雄しべが
よく目立ちます。
雌しべは2~4個で花柱はなく、子房に
直接柱頭がつきます。

葉は2~4回の3出複葉です。
小葉は浅く切れこみ、葉裏は緑白色です。

花期は7~10月です。
北海道、本州、四国、九州に分布します。
キンポウゲ科の植物です。

★表題をクリックするとコメント欄が現れますので、
そこからコメントして下さいm(_ _)m。

☆本日、mushifab更新しました。
「ミスジビロードスズメ」です。
こちらへもお立ち寄りいただけるとうれしいです(*^^*)。

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です