ヌマトラノオ

きょうから葉月・・
台風の後、また猛暑が戻ってきました。
きょうは里山の少し湿り気のある道端でであった
「ヌマトラノオ」をお届けします。
「沼虎尾」と書きます。
湿地に多く、花の集まった先の形が虎の尾の形に
みえるので名付けられました。

葉は互い違いに付き、長さ4~7センチ、幅1~1.5センチの
倒披針状長楕円形で、先は尖っています。
オカトラノオに比べ花数が少なく葉が細めです。

花期は7~8月です。
本州、四国、九州に分布します。

参考過去記事はこちら→オカトラノオ

サクラソウ科の植物です。

★表題をクリックするとコメント欄が現れますので、
そこからコメントして下さいm(_ _)m。

☆本日、mushifab更新しました。
「クロアゲハの幼虫」です。
こちらへもお立ち寄りいただけるとうれしいです(*^^*)。

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です