ナガミヒナゲシ

今朝はマンションの庭の大掃除日でした。
落葉高木が何本もあるので、側溝に溜まった濡れた
枯葉の除去が結構大変でした。
毎年、春秋2回住民総出で行います。
綺麗になった庭ではヒヨドリの声が聞こえてきます。

さて、きょうは道端やアスファルトの割れ目でよく見かける
オレンジ色の花を付ける可愛らしい「ナガミヒナゲシ」を
お届けします。
「長実雛芥子」あるいは「長実雛罌粟」と書きます。
実が細長くケシのような花を付けるので名付けられました。
地中海原産の帰化植物です。
最初に発見されたのは1961年東京都世田谷区で、
輸入作物にその種が混じっていたことから広まったようです。

草丈は15~60センチ程。
茎や葉には毛があり、根生葉はロゼット状で、
茎葉は羽状深裂して互い違いに付いています。

写真左端には蕾が写っています。
蕾は最初、下を向いていますが、だんだん上を向き、
花開きます。
花びらは普通4枚です。
花期は4~5月。
写真右部分に実が3つ写っています。
実は径8ミリ、長さ2センチ程の円柱形で先に6~8本程の
放射線のある柱頭があります。

実が熟し茶色になって乾燥すると、実の上部の
蓋の隙間が開いて、種が出ます。
ひとつの実の中には1000~2000粒ほどの種が
入っているそうです。

ケシ科の植物です。

★表題をクリックするとコメント欄が現れますので、
そこからコメントして下さいm(_ _)m。

☆本日、mushifab更新しました。
「ナミテントウの蛹」です。
こちらへもお立ち寄りいただけるとうれしいです(*^^*)。

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です