チドメグサ

今朝、ベランダで黄色く色づいたレモンを2個収穫し、
レモン酢を造りました。去年は特大サイズ1個でしたが、
今年は市販サイズのが2個生りました(*^^)v。
もちろん、無農薬です。
生ってくれてうれし~\(^o^)/。

さて、きょうは・・道端に生えてた「チドメグサ」を
お届けします。
「血止め草」と書きます。
葉を傷口に貼って血止めに用いたことから名付けられました。

茎はよく分枝して地を這い、節からひげ根を出して増え、
葉は直径5~15ミリ程の円形です。
浅くて丸っこいギザギザがあります。
花期は6~10月ですが、花は見られませんでした(^^;)。
花柄が葉より高くは伸びないのが特徴のようです。
本州、四国、九州、沖縄に分布します。
関東地方以西では冬も枯れずに越冬するようです。
ウコギ科(APG分類)の植物です。

★表題をクリックするとコメント欄が現れますので、
そこからコメントして下さいm(_ _)m。

☆本日、mushifab更新しました。
「キジバト」です。
こちらへもお立ち寄りいただけるとうれしいです(*^^*)。

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です