キュウリのトゲ

きょうで9月ともお別れですね。
個人的には、この9月は久しぶりにクラシックコンサートに
2回、邦楽コンサートにも行く機会に恵まれ幸いでした。
ジャンルにかかわらず、音楽は生活に彩りを与えてくれる
大切なものと再認識しました(#^-゜)vィェィ♪

さて、ベランダのキュウリも終わりを迎えつつあるので、
きょうは「キュウリのトゲ」をお届けします。
北インド地方原産で、3千年前から栽培されており、
世界で最も生食されている食材です。
日本には平安時代に渡来しました。

ベランダにあった4.5センチ程のキューリ↓

花がまだ咲いている段階で、もうトゲ(「刺毛」)が
できています。
アップすると、すっご~い!!

トゲというより毛のついた水イボの
ようなもの?

新鮮なとれたてのキュウリの「刺毛」は痛い程!
なので、我が家では、さっと水洗いしてトゲ(刺毛)を
キッチンペーパーで拭き取り、丸かじりしてました。

まだ青い(緑の)キュウリは、食材としては収穫適期ですが、
植物の果実としては未熟な状態です。
だから、トゲ(刺毛)があり、食べられないよう身を守って
いるのですね。

外国では大きく育った黄色く熟したキュウリを使い、
日本でも昔は完熟した黄色のキュウリを食べていたらしいです。

体の90%以上が水分でできているキュウリは、
登山中の行動食や、夏の暑い日の水分補給にもってこいですネ。

今年も何本も新鮮なキュウリが食べられて
幸せでした~\(^0^)/。

★表題をクリックするとコメント欄が現れますので、
そこからコメントして下さいm(_ _)m。

☆本日、mushifab更新しました。
「アオバト」です。
こちらへもお立ち寄りいただけるとうれしいです(^^)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です