アメリカノウゼンカズラ

今年は近所の草むらのヒガンバナも1週間程遅れて
開花し、今咲いてます。
昨日から午前中にヒヨドリが何羽も庭木のカクレミノ
などに来て、盛んに鳴いています。

先月、偶然通った川べりの道端で、赤っぽい花がそこここに
付いた大きな茂みに出逢いました。
ノウゼンカズラかな?と思ったけど、何か違うなと・・
帰宅して調べたら、「アメリカノウゼンカズラ」でした。
きょうは「アメリカノウゼンカズラ」をお届けします。

北アメリカ原産で、葉は奇数羽状複葉です。  

               
ガクが花とほぼ同じ橙赤色で、切れ込み浅く短いのが特徴です。
トランペット形の花はノウゼンカズラより小さく
径3~4センチ程、花筒は6~8センチ程と長く、
先が5裂しています。

花期は7~10月です。

ノウゼンカズラ科の植物です。

★表題をクリックするとコメント欄が現れますので、
そこからコメントして下さいm(_ _)m。

☆本日、mushifab更新しました。
「ウリハムシ」です。
こちらへもお立ち寄りいただけるとうれしいです(^^)。

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です